コンテンツにスキップする

ロシア、ワクチン研究にサイバー攻撃か-米英などが非難

ロシアの情報機関が新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンの開発を急ぐ世界の研究機関にサイバー攻撃を仕掛けていると、英国および米国、カナダの政府が発表した。

  研究施設への被害やワクチン開発プログラムの妨害など、ハッカー攻撃で何か具体的な被害が出ているかどうかは不明。ただサイバー攻撃は進行中だと当局は警告した。

  英国の国家サイバーセキュリティーセンター(NCSC)は16日の声明で、ロシア情報機関の一部であることがほぼ確実な「APT29」と呼ばれる集団が、複数国のワクチン・治療セクターを標的にしていると説明した。これに続き米国とカナダの安全保障機関はそれぞれ、英政府の結論への支持を表明する声明を出した。一方のロシアは関与を否定した。

  ラーブ英外相は「ロシアの情報機関が、新型コロナのパンデミック(世界的大流行)との闘いに取り組んでいる人々を標的にするのは断じて受け入れられない」と述べた。

Russia's Putin Delivers Annual Address

ロシアのプーチン大統領

写真家:Andrey Rudakov / Bloomberg

  ロシアはワクチン研究を標的としたサイバー攻撃への関与を全面的に否定。クレムリンのペスコフ報道官はブルームバーグに対し、「製薬会社および研究施設に誰がハッキング攻撃を仕掛けたのか、われわれは知らない。こうした行為にロシアは何ら関係がないということだけ断言できる」と述べ、「このような非難は受け入れない」と語った。

  英国の結論を支持した機関の一つである米国家安全保障局(NSA)は声明で、今回の攻撃の目的は「COVID19ワクチンの開発および試験に関する情報と知的財産を盗むことだと推定される」とし、ワクチン開発に関わる米国の組織も攻撃の標的だと指摘した。

原題:Russia Hackers Are Linked to Sweeping Bid to Steal Vaccine Data(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE