コンテンツにスキップする

中国の半導体受託生産SMIC、科創板に上場-246%高で取引開始

  • 1株当たり27.46元で公開、初値は95元-上海証取の科創板上場
  • 最大532億元を調達-2010年の中国農業銀行IPO以来の規模に

中国の半導体受託生産会社、中芯国際集成電路製造
SMIC)が16日、上海証券取引所の「科創板(STAR)」市場に上場し、246%高で取引を開始した。

  同社は1株当たり27.46元で公開し、初値は95元だった。グリーンシューオプションを全て行使した場合は最大532億元(約8140億円)を調達することになり、本土では中国農業銀行による2010年の685億元規模の新規株式公開(IPO)以来の大きさとなる。

原題:
Top China Chipmaker SMIC More than Triples in Shanghai Debut(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE