コンテンツにスキップする
cojp

オバマ氏やバイデン氏も被害、詐欺にツイッターアカウント悪用

更新日時
  • 30分以内にビットコインで資金を送れば2倍になるという内容の詐欺
  • 内部システムへのアクセス許可されている従業員が標的に

オバマ前大統領やバイデン前副大統領、ビル・ゲイツ氏、ウォーレン・バフェット氏など米政財界の有力者のツイッターアカウントが15日、相次いでハッキング被害に遭った。暗号資産(仮想通貨)ビットコイン関連の詐欺を仕掛ける動きとみられる。

  攻撃の規模の大きさから組織的な動きであることはほぼ確実とみられている。他にもジェフ・べゾス氏やイーロン・マスク氏、人気ラッパーのカニエ・ウェスト氏のほか、ウーバー・テクノロジーズやアップルなどの企業や、ブルームバーグ・ニュースの親会社ブルームバーグ・エル・ピーの創業者で、過半数株式を保有しているマイケル・ブルームバーグ前ニューヨーク市長も被害に遭った。

  ハッキングされたアカウントは、30分以内にビットコインで資金を送れば、2倍になって戻ってくるという内容をツイートしている。

  ハッキング被害が伝えられる中で、ツイッターは問題を調査中であり、対応が行われている間は「ツイートやパスワード再設定ができなくなる可能性がある」と説明した。同社の株価は15日の時間外取引で一時3%余り下落した。

  ツイッターはそれから数時間後、大半のアカウントへのアクセスが復旧したと発表。さらに、内部システムやツールへのアクセスが許可されている従業員を標的としたハッキング攻撃が行われ、著名人のアカウントが乗っ取られたと説明した。

  同社は、ハッカーが「他に悪意のある活動を行っていなかったかや、情報を入手していないかどうかを調べており、分かり次第共有する」とした。

  ハッカーが掲載したアドレスにはこれまで、11万ドル(約1180万円)余りに相当する12ビットコインが送られている。

原題:Twitter Hack Hits Obama, Biden, Musk in Bitcoin Scam (2)(抜粋)

(ツイッターのコメントを追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE