コンテンツにスキップする

オックスフォード大の新型コロナワクチン、暫定結果は前向き-ITV

英オックスフォード大学が開発中の新型コロナウイルスワクチンの臨床試験で、前向きな暫定結果が近く報告されるもようだ。英ITVの政治エディター、ロバート・ペストン氏が情報源を示さずに報じた

  この報道によると、ワクチンは期待通りある種の抗体を産生し、T細胞の反応が見られている。詳細は医学誌ランセットで近く公表される。

  ただ、有効性が適切に実証されるには、ブラジルで進行中の大規模な第3相試験の結果を待つ必要があるという。

  新型コロナワクチンでオックスフォード大と提携するアストラゼネカは、この報道を受けて一時5%高と急伸。このワクチンはすでに臨床試験の最終段階に入っており、同社はこれまで、9月にも提供を開始できる可能性があるとの見方を示していた。

  同社の担当者はコメントを控えた。

原題:
Positive News Coming on Oxford Covid-19 Vaccine: ITV’s Peston(1)(抜粋)

AstraZeneca Rises on Report Positive Vaccine Results Coming (1)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE