コンテンツにスキップする

蘭ASMLの7-9月売上高見通し、予想上回る-通期の成長見込む

オランダの半導体製造装置メーカー、ASMLホールディングの7-9月(第3四半期)の売上高見通しはアナリスト予想を上回った。また、2020年が「成長の年」になるとの見通しをを示した。同社は韓国サムスン電子や台湾積体電路製造(TSMC)への重要なサプライヤー。

  15日の発表によると、7-9月の売上高は36億-38億ユーロ(約4400億-4600億円)、粗利益率は47-48%を見込む。アナリスト予想は売上高が34億2000万ユーロ、粗利益率が48.1%だった。

  ピーター・ウェニンク最高経営責任者(CEO)は「当社の操業能力は現時点でほぼ正常に戻っているが、新型コロナウイルス感染症(COVID19)はまだ収束していないため、警戒を続ける方針だ」と説明した。

原題:
ASML Outlook Beats Expectations, Sees Growth Year Despite Virus(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE