コンテンツにスキップする

バイデン氏、候補者リスト絞り込み-副大統領候補選びで

11月の米大統領選の民主党候補指名を確実にしているバイデン前副大統領は14日、同氏の副大統領候補選びについて、自身が面接を行う最終候補者グループの絞り込みの準備をしていると明らかにした。

  バイデン氏はアリゾナ州フェニックスのテレビ局KPNXとのリモート形式のインタビューにデラウェア州から応じ、候補者の身辺調査を行っており、来週中か10日以内には完了する見通しだと語った。そのプロセスが終わり次第、「それら全てを検討して候補者リストを絞り込み、リストに残った候補者らと面接を行う」と述べた。

  バイデン氏は副大統領候補に女性を指名すると明言してきた。黒人暴行死事件に対する全米の抗議デモを契機に、人種問題への関心が再び高まったのを受け、有色人種の女性を選ぶよう同氏に求める声が上がっている。

  具体的にはカマラ・ハリス上院議員やスーザン・ライス元大統領補佐官(国家安全保障担当)、カレン・バス下院議員、バル・デミングズ下院議員、ジョージア州議会で下院議員を務めたステイシー・エイブラムス氏らが有力候補として浮上している。

原題:Biden Says He Is Narrowing List of Potential Running Mates(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE