コンテンツにスキップする
Photographer: Roy Liu/Bloomberg
cojp

香港在勤の本土出身バンカーらに税率45%の衝撃-やむなく帰還検討も

  • 中国は在外市民の本土外所得への徴税に着手-所得税率は最高45%
  • 香港勤務の中国人専門職は生活費の高さもあり本土に戻ることを検討
People use their smartphones along the Victoria Harbour waterfront in Tsim Sha Tsui district in Hong Kong.
Photographer: Roy Liu/Bloomberg

中国当局が在外市民の本土外所得への徴税に乗り出したことを受け、香港で勤務する本土出身者の人材流出を巡る懸念が広がっている。中国のバンカーやホワイトカラーにとって香港で働く魅力が損なわれるためだ。

  本土の所得税率は最高で45%。これに対して香港は約15%だ。従業員やリクルーターに取材したところ、香港勤務の中国人専門職は今回の徴税措置と香港での生活費の高さを踏まえて本土に戻ることを検討している。

中国、在外市民に本土外所得への徴税開始-まず香港など標的

Nowhere to Hide

Tax rates significantly higher in Shanghai

Sources: GovHK, Inland Revenue Authority of Singapore, State Taxation Administration of the PRC

Footnote: Personal income tax refers to highest rate in tiered system

  香港国家安全維持法(国安法)の施行を受け、香港市民や在留外国人が流出する分を中国本土の人材が穴埋めするとの期待は後退している。

  実際にどのくらいの人が香港を出ていくことになるのかを判断するには時期尚早だが、キャリアを築くのに世界で最も魅力的な場所の一つとされてきた香港からあらゆる種類の専門職が退出する動機が生まれている。落ち込む香港経済には重しとなり、主要金融センターとしての地位を一段と損ねる恐れもある。

原題:Bankers Shocked by 45% China Tax Rate Consider Leaving Hong Kong(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE