コンテンツにスキップする

【欧州市況】株下落、テクノロジー銘柄に売り-ドイツ債上昇

14日の欧州株は下落。テクノロジーや旅行銘柄が売られた。新型コロナウイルスの新規感染増加を巡る懸念が、決算発表シーズンに臨む投資家のセンチメントに重しとなった。

  ストックス欧州600指数は0.8%安。半導体製造装置のASMLホールディングやソフトウエアのSAPは下落。テクノロジー銘柄は、堅調なキャッシュフローや新型コロナ対策のロックダウン(都市封鎖)時にも売り上げを伸ばしたとして、最近までの株上昇局面で最も値上がりしていた。

  ピール・ハントのストラテジスト、イアン・ウィリアムズ氏は「2021年と22年にかけての予測で、ある程度の明確さが得られることを望む。しかし実際のところ、1-2カ月のうちに本格的な見通しはまだあまり見えてこないのではないか」と指摘した。

European stocks carry on their rebound from a March low

  欧州債はドイツ債の利回り曲線がブルフラット化。逃避需要の買いが入った。

  イタリア債は小幅高。ドイツ債とのイールドスプレッドは165ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)で変わらず。

  英国債は10年債を中心に上昇。同国の5月の国内総生産(GDP)は予想を下回った。

  ドイツ10年債利回りは3bp低下してマイナス0.44%。フランス10年債利回りは3bp下げてマイナス0.13%。イタリア10年債利回りは3bp低下の1.21%。

原題:European Stocks Fall With Tech Shares Amid Renewed Virus Woes(抜粋)

Bunds Bull Flatten on Haven Demand; End-of-Day Curves, Spreads(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE