コンテンツにスキップする

韓国、新経済政策「ニューディール」発表-14兆円投じ変革目指す

  • 今後5年間で190万人の雇用創出を見込む、テクノロジーに軸足
  • ニューディールは韓国の偉大な転換点の始まり-文大統領

韓国の文在寅大統領は14日、新型コロナウイルスで打撃を受けた経済を立て直すため「韓国版ニューディール」政策を発表した。規模は160兆ウォン(約14兆円)と、これまでの計画から2倍に増やし、テクノロジーを軸に経済の変革を目指す。

  韓国は今年、アジア通貨危機以来となるマイナス成長が予測されている。文大統領はテレビ放映された演説で、「ニューディールは韓国の偉大な転換点の始まりとなる」と述べ、同計画は「抜本的な改革を成し遂げる意志の表れだ」と言明した。

  韓国版ニューディールは今後5年間で190万人の雇用創出を見込む。

The pandemic is pummeling South Korea's jobs market

  企画財政省の発表によると、予算は中央政府が114兆1000億ウォンを負担、地方自治体と民間部門がそれぞれ25兆2000億ウォンと20兆7000億ウォンを負担する。

  政府は通信ネットワーク部門や人工知能(AI)、その他データ集約産業で2025年までに56万7000人、遠隔教育および医療など非対面型のサービス提供事業で14万3000人の雇用創出を目指す。

原題:Korea’s Moon Doubles Down on ‘New Deal’ to Reshape Economy (1)(抜粋)

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE