コンテンツにスキップする
cojp

中国で最も過熱気味の株式市場、創業板の指数が急落

更新日時
  • 深圳証取の創業板指数は14日、一時3.5%下落-終値は1.1%安
  • 外国人投資家は中国株を約2660億円売り越し-過去最大

中国で最も過熱気味の株式市場でボラティリティーが高まっており、今月の本土株急騰の脆弱(ぜいじゃく)性が示唆されている。

  深圳証券取引所のスタートアップ向け市場「創業板(チャイネクスト)」の指標、創業板指数は14日、前日比1.1%安で終了。一時3.5%安となる場面もあった。 

China's ChiNext gauge suffered a sudden slump on Tuesday

  同指数は年初来で60%余り上げ、記録的な買われ過ぎ水準に近づいていた。ヒストリカルボラティリティー(10日物)を測る指標はここ1カ月で約3倍の水準に達している。  

  外国人投資家はこの日、中国株を174億元(約2660億円)売り越し。3月13日に記録した147億元を上回り、過去最大の売越額となった。上海総合指数は前日比0.8%安の3414.62で引けた。

原題:China’s Hottest Stocks Sink as Beijing Cools Speculative Fervor(抜粋)

(2、4段目に終値段階のデータに差し替え更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE