コンテンツにスキップする

賢いはずのスマートベータ、指数連動ETFと大差ない商品に資金流入

賢い指数などとも呼ばれる「スマートベータ」戦略の上場投資信託(ETF)の残高は1兆ドル(約107兆円)に迫っているが、一部はそれほど賢く見受けられない。

  クオンツ手法の5つのファクターを採用するこうしたETFに今年これまで計140億ドル余りが流入したが、ブルームバーグ・インテリジェンスによると、そのうち約50億ドル相当が向かった先は指数連動ETFとあまり変わらないETFだった。純粋なファクター投資のスマートベータETFからはむしろ、資金が流出している。

Not-So-Smart Beta

Less pure factor ETFs have attracted more cash this year

Source: Bloomberg Intelligence; U.S. data only

Note: Classification is based on an equal-weight composite rank of the number of portfolio holdings, 260-day volatility, and the percentage of stocks in the ETF portfolio ranking in the highest quintile in terms of factor exposures

  こうした傾向はここ数年に及び、4兆4000億ドル規模の米ETF市場の2割近くにまで膨らんだスマートベータの業界には重要かもしれない。時価総額加重ベースの指数から離れ、収益性やバリューなどのファクター採用で投資するスマートベータに資金を振り向けるよう投資家を呼び込む上での逆風が浮き彫りとなる。

Beta is King

Smart-beta ETFs with more moderate factor exposures have drawn more money over the past three years

Source: Bloomberg Intelligence; U.S. data only

  ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリスト、アサナシオス・サロファジス氏は「資金フローは基本的に、あるファクターに偏った集中投資を投資家がためらっている状況を示している」と述べた。ポートフォリオに組み入れやすい金融商品とのバランスの問題もあるとも指摘した。

原題:
Billions Flow Into Quant ETFs Behaving Just Like the S&P 500 (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE