コンテンツにスキップする

ソフトバンクG、半導体設計アームの売却やIPOを検討-関係者

更新日時
  • アーム再上場選択なら来年にも株式公開の可能性-計画の前倒しに
  • ソフトバンクグループは2016年に英アームを320億ドルで買収
SoftBank Group Corp. Chairman Masayoshi Son Speaks at Conference

Photographer: Akio Kon/ Bloomberg

SoftBank Group Corp. Chairman Masayoshi Son Speaks at Conference

Photographer: Akio Kon/ Bloomberg

 

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら。

ソフトバンクグループは英半導体設計会社アーム・ホールディングスの保有株式について、新規株式公開(IPO)あるいは私募形式の取引を通じて、完全ないし部分的な売却を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかした。

  アームを再上場させることを選択した場合、同社は来年にも株式を公開する可能性がある。協議の非公開を理由に関係者が匿名で語った。ソフトバンクGの孫正義社長は昨年6月、5年以内のアーム再上場を目指す考えを示し、アームのサイモン・シガース最高経営責任者(CEO)も2023年ごろにIPOを実施する考えを示していたが、この計画よりもスケジュールが前倒しされることになる。

SoftBank CEO Masayoshi Son Presents Third-Quarter Results

孫正義社長

撮影: Kiyoshi Ota/Bloomberg

  まだ決定は下されておらず、ソフトバンクGが最終的にアーム株を保有し続けることを選択する可能性もある。アームの株式はソフトバンクGと「ビジョン・ファンド」が全て保有している。

  事情に詳しい関係者2人によれば、孫社長と側近らがこうした選択肢の検討を始めたのは、半導体企業の市場環境の改善が理由の一つ。保有資産の多くを売却し、自社株買いを通じて株価を押し上げることを目指すソフトバンクGの現在の戦略とも合致する。

  アームを巡る計画を先に報じた米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)によると、ゴールドマン・サックス・グループがこの案件のアドバイザーを務めている。アームとゴールドマン、ソフトバンクGの担当者はいずれもコメントを控えている。

  ソフトバンクGは16年にアームを320億ドル(現在の為替レートで約3兆4300億円)で買収した。

  ソフトバンクGのマルセロ・クラウレ最高執行責任者(COO)は13日に掲載された英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)のインタビューで、向こう1年以内にアームの株式が公開されることはないとの見通しを示していた。

Key Speakers At The SelectUSA Summit

マルセロ・クラウレ氏

撮影: Andrew Harrer/Bloomberg

原題:
SoftBank Is Said to Explore a Sale or IPO of Chip Company Arm(抜粋)

(COOのインタビュー発言など情報を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE