コンテンツにスキップする

トヨタ、米主要州での感染拡大注視-ヒューストンなどで販売に打撃も

  • ヒューストンのような都市で販売が打撃を受けても「驚きではない」
  • トヨタは生産停止の影響で春の終わりから販売ペースが既に鈍化
Toyota Motor Co. signage is displayed outside a dealership as the Tokyo Sky Tree stands in the background at night in Tokyo, Japan, on Sunday, May 10, 2020. 

Toyota Motor Co. signage is displayed outside a dealership as the Tokyo Sky Tree stands in the background at night in Tokyo, Japan, on Sunday, May 10, 2020. 

Photographer: Toru Hanai/Bloomberg
Toyota Motor Co. signage is displayed outside a dealership as the Tokyo Sky Tree stands in the background at night in Tokyo, Japan, on Sunday, May 10, 2020. 
Photographer: Toru Hanai/Bloomberg

トヨタ自動車の北米部門は、新型コロナウイルスの米主要各州での感染拡大について、販売台数が打撃を被る可能性を示唆する兆候として注視している。北米統括会社トヨタ・モーター・ノース・アメリカ(TMNA)の自動車マーケティング・コミュニケーション担当バイスプレジデント、シンシア・テンハウス氏が13日に記者団に語った。

  テンハウス氏はバーチャル会見で、「われわれは確かに懸念している。数字は正しい方向に進んでいない」とした上で、新型コロナ感染者が急増しているテキサス州ヒューストンのような都市で販売が打撃を受けたとしても、「驚きではなかろう」と述べた。

  トヨタは春の終わりから販売ペースが既に鈍化しており、今年に入ってからの生産停止の影響で供給台数が限られることが主な原因だと同氏は説明した。

原題:Toyota Executive Concerned Virus-Case Surge Could Cut U.S. Sales(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE