コンテンツにスキップする
cojp

バークレイズ、下期に自己資本比率への逆風見込む

英銀バークレイズは13日、下期には自己資本比率に対する逆風が見込まれると明らかにした。

  6月末の普通株式等ティア1(CET1)比率は約14%と、3月末の13.1%から上昇することを見込んでいるとも発表した。

  また、今月発表する決算には、個人向けおよび法人向け事業での収入と損失を巡る厳しい環境と、市場事業収入の強さ持続が反映されるだろうとした。

原題:Barclays Sees Headwinds to Capital Strength in Second HalfBarclays Sees Headwinds to Capital Strength in Second Half (1)、Barclays Sees Headwinds to CET1 Ratio in 2H From RWAs, IFRS9(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE