コンテンツにスキップする
Photographer: Mark Kauzlarich/Bloomberg
cojp

ゴールドマン、S&P500企業利益見通し引き上げ-経営陣の説明が焦点

  • 20年1株利益予想を110ドルから115ドルに上方修正
  • 利益見通しへの注目が高まる中、経営陣の説明が重要になる
Goldman Sachs Group Inc. headquarters stands in New York, U.S., on Saturday, April 11, 2020. Goldman Sachs is scheduled to release earnings figures on April 15.
Photographer: Mark Kauzlarich/Bloomberg

ゴールドマン・サックス・グループは、S&P500種株価指数構成企業の今年の利益見通しについて、以前よりも少し楽観的になっている。ただ、各社の利益見通しを判断する上では経営陣の説明が重要になるだろうと強調した。

  ゴールドマンはS&P500企業の2020年1株利益のベースライン予想を115ドルと、従来予想の110ドルから上方修正した。21年の見通しは170ドルと、19年の実績を4%上回る水準に維持したほか、22年の予想を188ドルとした。

  デービッド・コスティン氏率いるストラテジストは第2四半期決算シーズン開始を控え10日のリポートで、「21年と22年の利益見通しに対する投資家の注目が高まっていることを踏まえると、経営陣の説明の方が、過去の業績を示す決算内容よりも重要だろう」 との見方を示した。

relates to ゴールドマン、S&P500企業利益見通し引き上げ-経営陣の説明が焦点

出所: ゴールドマン・サックス・グループ

  投資家は企業利益について、新型コロナウイルス感染拡大に伴う経済活動停止による影響や、世界経済再開を受けた回復ペースの速さをよりよく理解するため、表面的な決算内容以上のものを読み取ろうとする可能性が高いとゴールドマンは指摘した。

原題:
Goldman Boosts S&P 500 Earnings Outlook, Says Focus on Guidance(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE