コンテンツにスキップする

アナログ・デバイセズがマキシム買収で合意近い、1.8兆円強-関係者

  • マキシムの時価総額170億ドルを上回る評価での買収に向けて協議
  • 13日にも合意が発表される可能性、決裂もあり得る

米半導体メーカーのアナログ・デバイセズは、同業の米マキシム・インテグレーテッド・プロダクツを全額株式交換で買収することで合意に近づいている。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

  両社はマキシムの現在の時価総額である約170億ドル(約1兆8170億円)を上回る評価での買収に向けて協議している。アナログ・デバイセズの時価総額は460億ドル。交渉が公になっていないことを理由に関係者が匿名で語ったところによれば、13日にも合意が発表される可能性があるが、協議の決裂もあり得るという。

  両社の交渉については米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)が先に報じた。

米アナログ・デバイセズがマキシム買収で交渉、1.8兆円余り-DJ

  アナログ・デバイセズの規模は収入べースで現在、業界リーダーである米テキサス・インスツルメンツ(TI)の半分にも満たない。マキシムを買収しても差を完全に縮めることはできないが、アナログ製品の幅を広げることは可能となる。

原題:
Analog Devices Is Said Near Deal to Buy Maxim for $17 Billion(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE