コンテンツにスキップする

NY原油先物、アジア時間に反落-OPECプラス会合で減産縮小か

アジア時間帯13日朝の取引で、ニューヨーク原油先物相場は反落。石油輸出国機構(OPEC)と非OPEC主要産油国で構成する「OPECプラス」は今週開く会合で、歴史的な減産規模を段階的に縮小する計画を示す可能性がある。

  ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)8月限はシドニー時間午前8時18分(日本時間午前7時18分)時点で35セント安の1バレル=40.20ドル。10日ニューヨーク時間帯の通常取引は、前日比93セント(2.4%)高の40.55ドルで終了していた。

原題:
Oil Falls Before OPEC Meeting to Discuss Future of Output Cuts(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE