コンテンツにスキップする

【新型コロナ】テキサス入院増、加州は死者高水準-中国新規感染2人

  • テキサス州のコロナ入院患者、初の1万人超-加州では140人死亡
  • エミレーツ航空はコロナ感染拡大を受けて9000人削減計画-BBC

米テキサス州では10日、新型コロナウイルス感染症(COVID19)の入院患者が初めて1万人を超えた。同日の感染者は4.2%増だった(7日平均は3.9%増)。カリフォルニア州の1日当たりの死者は140人と、9日の149人に次ぐ過去2番目の多さだった。

  フロリダ州で人口が最も多いマイアミ・デイド郡では集中治療室(ICU)の患者が386人に増え、記録的水準となった。

  米ギリアド・サイエンシズのCOVID19治療薬「レムデシビル」は患者の死亡リスクを標準治療に比べて62%下げた。試験データの新たな分析が示した

2020-coronavirus-cases-world-map-inline

  エミレーツ航空が新型コロナ感染拡大を受けて9000人を削減する計画だと、英BBCが同社のティム・クラーク社長を引用して報じた。コロナ流行前の従業員数は6万人だったという。

  韓国疾病管理本部によれば、同国で確認された新型コロナウイルス感染者は現地時間11日午前0時(日本時間同)時点で計1万3373人となり、24時間で35人増加した。前日は45人増えていた。一方、中国で確認された新型コロナ感染症例は10日に2件増えた。

原題:Texas Hospital Cases Soar; Masks Key in Melbourne: Virus Update、*CHINA REPORTS 2 NEW CORONAVIRUS CASES JULY 10(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE