コンテンツにスキップする

ECBはパンデミック緊急購入を12月までに再度拡大へ-エコノミスト

欧州中央銀行(ECB)はパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)の規模を12月までに再度拡大するだろうと、ブルームバーグの調査に答えたエコノミストの過半数が予想した。

  拡大を予想するエコノミストの大半は、現在1兆3500億ユーロ(約157兆円)規模の同プログラムの5000億ユーロ拡大と、期間延長を見込んでいる。来週の政策委員会では政策の据え置きが予想されている。

ECB Timeline

Economists see policy makers taking the following actions

Source: Bloomberg survey of economists conducted July 3-8

  ECBは6月にPEPPの購入を6000億ユーロ増額し期間を2021年半ばまで延長した。ラガルド総裁は今週、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)とのインタビューで、景気刺激の拡大を急がず現行措置の効果を見極めたい考えを示した。

ECB、パンデミック緊急購入6000億ユーロ拡大-予想上回る緩和

ECB、次回会合は政策維持か-大規模措置の効果検証の時期と総裁

  調査に答えたエコノミストらはまた、ECBが2021年末までに緊急購入を停止するとの見通しを示した。長期リファイナンスオペによって年内に市中銀行に2400億ユーロを供給するとも予想。想定より深刻なユーロ圏のリセッション(景気後退)が依然として主要な懸念の1つだとも指摘した。

  デカバンクのエコノミスト、クリスティアン・テートマン氏は「ECBはPEPPを大きく拡大したので、今度はその実践が議論の中心となるだろう」とし、域内の国別の債券購入配分でどの程度に柔軟になれるかが当面の焦点だとの見方を示した。

Bond Buying

ECB is seen spending close to another €2 trillion on assets by end of 2021

Source: ECB, Bloomberg survey of economists conducted July 3-8

Note: December 2021 value based on economist estimates

原題:ECB Seen Boosting Stimulus by December to Aid Fledgling Recovery(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE