コンテンツにスキップする

ECBのインフレ目標、平均での達成を検討するべきだ-仏中銀総裁

欧州中央銀行(ECB)政策委員会メンバーのビルロワドガロー・フランス中銀総裁は、2%弱というECBのインフレ目標について、平均での達成を検討すべきだとの考えを示した。インフレ率が2%を上回る時期を容認することを意味する。

  同総裁はマクロン仏大統領への年次書簡で、危機時に低過ぎたインフレ率を将来の一定期間の高いインフレ率で相殺すべきかどうかは答えの出ていない問いだと説明した。2%弱は上限ではないとの見解を示した。

  「中期的目標は2つの方法で考慮されるべきだ。インフレ期待を誘導するために将来に目を向けるべきだが、過去を全く無視することもできない」と論じた。

  ECBは新型コロナウイルス危機のため戦略検証を中断しているが、物価安定を達成する方法が議論の中心となる見込みだ。

  ビルロワドガロー総裁はまた、超低金利を必要な限り続け潤沢な流動性の供給を続けるとした上で、当局は「引き続き、これらの政策手段について必要に応じて革新的になる用意がある」とも述べた。

原題:
ECB Should Examine Targeting Average Inflation, Villeroy Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE