コンテンツにスキップする

オーストラリア、香港との犯罪人引き渡し条約を停止-中国反発

更新日時
  • 技能を持つ香港からの移民に永住権への道筋として5年間のビザ
  • 国安法で豪州・香港関係に「根本的な変化」-モリソン豪首相

オーストラリアは香港と結んでいる犯罪人引き渡し条約を停止する。また、技能を持つ香港からの移民に対し、永住権への道筋として5年間のビザ(査証)を付与する。中国が香港国家安全維持法(国安法)を導入したことに対応する。

  モリソン豪首相は9日、引き渡し条約停止の決定は「新たな国家安全法制による豪州・香港関係の根本的な変化を認めたものだ」とキャンベラでの記者会見で述べた。

モリソン豪首相の記者会見

Source: Bloomberg)

  同首相によると、豪政府は香港に正式に通知したほか中国当局にも伝えた。カナダも先週、香港との引き渡し条約の停止を発表していた。

  中国政府は豪州に対し香港を巡る方針を変更するよう促した。モリソン首相による発表の数時間後、中国外務省の趙立堅報道官は北京での記者会見で、豪州を非難するとともに、中国は対抗措置を取る権利を保持していると語った。

  豪州側の発言は国際法と基本的規範に対する重大な違反だと趙報道官は主張した。  

関連記事

原題:Australia Suspends Hong Kong Extradition Deal in Swipe at China、China Urges Australia to Change Course on Hong Kong(抜粋)

(中国外務省報道官の発言を追加して更新します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE