コンテンツにスキップする
cojp

中国の生産者物価下落率、6月に縮小-CPIは若干伸び加速

更新日時
  • PPIは前年同月比3%低下-5月は3.7%低下
  • CPIは前年同月比2.5%上昇-5月は2.4%上昇

中国経済の持ち直しが続いており、生産者物価下落率は6月に縮小した。消費者インフレ率は若干上昇した。

  国家統計局が9日発表した6月の生産者物価指数(PPI)は前年同月比3%低下。5月は3.7%低下だった。

  6月の消費者物価指数(CPI)は前年同月比2.5%上昇と、5月の2.4%上昇を上回る伸びとなった。

While China's consumer prices pick up slightly

  国家統計局は発表資料で、PPIの低下率の縮小について、「国際商品価格が持ち直し、国内製造業が着実に回復、市場の需要が引き続き改善した」 と説明した。

  オーストラリア・ニュージーランド銀行(ANZ)の王蕊シニアエコノミスト(香港在勤)は、「予想よりも良好なPPIは製造業のデフレリスクがそれほど差し迫っていない可能性を示している。一方、コアCPIは需要の回復がそれほど理想的な状態ではないことを浮き彫りにしている」と指摘した。

  変動の大きい食品とエネルギーを除いたコアインフレ率は0.9%に鈍化した。

原題:China Factory Deflation Eased in June With Recovery on Track (1)(抜粋)

(第4段落以下を追加します)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE