コンテンツにスキップする

トランプ氏強行の選挙集会でコロナ感染拡大した公算大-タルサ郡当局

  • 米オクラホマ州タルサ郡で新規感染が過去最高水準に
  • 先月20日の集会には推定6200人が参加、多くがマスク着用せず

米オクラホマ州タルサ郡の衛生当局トップは、トランプ大統領が先月20日に同地で開催した選挙集会と、これに伴って開かれた抗議行動が地域の新型コロナウイルス感染増加の要因になった公算が大きいとの見解を示した。

 タルサ郡衛生当局のトップ、ブルース・ダート氏は8日の記者会見で、「郡内の新型コロナの新規感染は過去最高水準になっており、この数週間に行われた大規模イベントが要因になった可能性は非常に高い」と述べた。

  地元当局は先月、既に感染者が増加していたため選挙集会の延期を要請したが、トランプ大統領は強行。推定6200人が参加し、その多くがマスクを着用していなかった。

  タルサとオクラホマのデータによると、同州の累計感染者1万7893人のうち同郡は4571人と約26%を占める。6日と7日の同郡の新規感染者は261人、206人と7日移動平均の146.7人を上回った。

President Trump Holds Keep America Great Rally

6月20日のタルサ郡でのトランプ大統領選挙集会

撮影:中村豪/ブルームバーグ

原題:
Trump Rally Likely Fueled Virus Cases, Tulsa Official Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE