コンテンツにスキップする

ECBデギンドス氏、「ユーロ圏の見通しは少しだけ明るさ増した」

欧州中央銀行(ECB)のデギンドス副総裁は、今年4-6月(第2四半期)の落ち込みと7-9月(第3四半期)、10-12月(第4四半期)の回復を巡り楽観的な見方が恐らく若干強まっている様子が、ユーロ圏経済の最近のデータで示されたと語った。

  デギンドス副総裁はゴールドマン・サックスのオンラインセミナーで、「経済パフォーマンスの点から見ると、わずか2カ月前より見通しが少しだけ明るさを増した」と発言。見通し改善の諸要因の一つとして欧州連合(EU)「復興基金」の発表を挙げ、「規模や条件という点だけでなく、市場に送る政治的メッセージという点でも非常に重要だ」との認識を示した。

原題:ECB’s Guindos Says Outlook For Euro Area A Little Bit Brighter(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE