, コンテンツにスキップする

ツイッター株が上昇、サブスクリプション型サービス準備中と関係者

The Twitter Inc. logo is displayed on an Apple Inc. iPhone.
The Twitter Inc. logo is displayed on an Apple Inc. iPhone. Photographer: Alex FLynn/Bloomberg

米ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)、ツイッターの株価が8日の米市場で一時12%上昇した。定額制のサブスクリプション型サービス構築を進めているとの観測が同社株を押し上げた。

  事情に詳しい関係者によると、ツイッターはサブスクリプション形式のサービス提供を含め、従来とは異なるさまざまな収入源を検討している。非公開情報だとして匿名を条件に話した同関係者は、「グリフォン」と呼ばれる新グループの人選作業はまだ続き、この有料サービスが実現しない可能性もあると付け加えた。

  同社は最近投稿した求人広告でグリフォンの概要を発表。「サブスクリプション・プラットフォーム-将来的に他チームで再利用できるもの」を構築していると説明した。

  ツイッター株はこの日、7.3%高の35.41ドルで終了。一時は2月以来の高水準となる36.98ドルを付けた。ツイッターの広報担当者はコメントを控えた。

原題:
Twitter Is Considering a Subscription Service; Shares Rise(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE