コンテンツにスキップする

香港のオフィス、外国企業の退去進む-空室率が15年ぶり高水準

新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)や景気悪化の中で多国籍企業が香港のオフィススペースをさらに減らし、空室率が15年ぶり高水準となった。クッシュマン・アンド・ウェイクフィールドのデータが示した。

  同社が7日発表したリポートによると、4-6月(第2四半期)に空室となった61%は外国企業が利用していたスペースだった。前四半期は47%。クッシュマンは企業名を明らかにしていない。

  1-6月に空室となったスペースは合計94万9000平方フィート(約8万8165平方メートル)で、昨年7-12月の64万6000平方フィートのおよそ1.5倍に増加。4-6月だけで57万7000平方フィートと、前四半期に比べ55%増加した。

  新たに導入された国家安全法制も懸念要因だ。香港政府の発表によると、同法の下で当局は安全保障を脅かす違反があると疑われるオーナーの不動産資産を凍結や接収することができる。

Scaling Down

Multinational firms are increasingly cutting their office space in Hong Kong

Source: Cushman & Wakefield

原題:Foreign Firms Surrendering More Hong Kong Office Space (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE