コンテンツにスキップする
cojp

日欧でワクチン共同買い付け枠組み調整、日本は8億ドル拠出-報道

  • 日本は塩野義やアンジェスなどの開発を支援へ
  • 約30カ国が参加を表明、米国や中国は現時点で加わらず

日本政府は英独仏や欧州連合(EU)など約30カ国と新型コロナウイルスのワクチンを共同で買い付ける枠組みを創設する調整に入ったと、日本経済新聞が報じた。

  今夏中の立ち上げを目指しており、日本は最大約8億ドル(約860億円)の拠出を見込むという。日経によれば、米国や中国などは現時点では加わっていない。

  日本政府は塩野義製薬アンジェスなど国内企業が開発を進めるワクチンを支援すると、日経は伝えている。

関連記事

塩野義薬:新型コロナウイルス含む感染症の迅速診断で日大などと提携

菅官房長官:ワクチン確保にしっかり取り組む-英社と協議合意で
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE