コンテンツにスキップする

英グラクソがコロナワクチンで提携、田辺三菱薬傘下のカナダ企業と

英製薬会社グラクソ・スミスクラインは、カナダのバイオテクノロジー企業メディカゴと新型コロナウイルス感染症(COVID19)ワクチンの開発で提携したと明らかにした。

  両社の7日発表によると、この提携でメディカゴは植物由来の生産プラットフォームを、グラクソは免疫反応を高める物質アジュバントを提供する。ヒトに投与する試験は7月中旬に開始予定で、成功した場合には2021年上半期のワクチン提供を目指すとしている。

  メディカゴはタバコ科植物から得られるウイルス様粒子を活用している。この植物由来ワクチンはウイルスに類似し、体の免疫システムがウイルスとして認識することから、感染・複製のリスクを伴うことなく免疫を作り出す。たばこメーカーのブリティッシュ・アメリカン・タバコはバイオテクノロジー子会社のケンタッキー・バイオプロセッシング(KBP)を通じ、植物由来ワクチンの開発に取り組んでいる

  グラクソのシステムとメディカゴの技術を組み合わせることにより、21年末までに約1億回投与分の生産が可能になると両社は説明。 さらに23年末までには、カナダ・ケベックシティーの大規模施設(建設中)から最大で年間10億回分の供給が可能になると付け加えた。

  メディカゴの株式は田辺三菱製薬と米たばこ大手のフィリップ・モリス・インターナショナルが共同で保有している。

原題:Glaxo Teams With Philip Morris-Backed Biotech on Covid Vaccine(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE