コンテンツにスキップする
cojp

アトランタ連銀総裁、感染率の上昇が米経済の信頼感を損ねる

アトランタ連銀のボスティック総裁は7日、「人々は神経質になっている」と指摘し、企業のトップや消費者が懸念し始めているとの見解を示した。総裁はテネシー・ビジネス・ラウンドテーブルが主催した経済に関するオンラインパネル討論会に出席した。

  総裁は新型コロナウイルス流行の長期化を人々が懸念していると指摘。一部地域で感染率が上昇しているのは、感染拡大の予防策や社会的距離を取る措置に改善が必要なことを示唆していると述べた。

  総裁は「米国経済の非常に大きな部分が信頼感の上に成り立っている」と述べ、「リスクに基づき、リスクを重視した方法で経済を再開する必要があった」と話した。

  さらに「検査で陽性が判明するケースが増えているが、これはウイルスの感染拡大が一部では減速しているのではなく、加速していることを示す」と述べた。

  ボスティック総裁は今年の連邦公開市場委員会(FOMC)メンバーで議決権を持たない。

原題:Fed’s Bostic Says Rising Infection Rate Risks Sapping Confidence(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE