コンテンツにスキップする

米中小企業支援のPPP、中国企業の米部門が利用-海航集団など

新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた米中小企業を支援する「給与保証プログラム(PPP)」が、中国企業の米国部門でも利用されていたことが分かった。これら企業には、複合企業の海航集団(HNAグループ)や国有防衛企業大手の関連会社が含まれる。

  米財務省がウェブサイトに掲載したリストによると、HNAグループ・ノースアメリカとHNAトレーニングセンターNYはPPPに基づきそれぞれ、35万-100万ドル(約3800万-1億800万円)の融資を受けた。中国航空工業集団(AVIC)傘下の航空機エンジンメーカー、コンチネンタル・エアロスペース・テクノロジーズも500万-1000万ドルを受け取った。

  米中小企業庁(SBA)のウェブサイトによれば、同庁は6日時点で、PPPの下で約490万件の融資を承認。融資総額は5210億ドルに上る。

原題:U.S. Units of Chinese Companies Got American Bailout Funds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE