コンテンツにスキップする

マレーシア中銀、0.25ポイント利下げ-政策金利は過去最低の1.75%

  • エコノミスト25人のうち14人が0.25ポイント利下げを予想
  • 「景気回復ペースを加速させるための追加刺激策」

マレーシア中央銀行は7日、政策金利の0.25ポイント引き下げを決めた。新型コロナウイルス対策として講じられたロックダウン(都市封鎖)の解除を受け経済活動が再開したが、下振れリスクが続いていることから利下げで支援する。

  翌日物の政策金利は2004年からの記録上で過去最低となる1.75%に引き下げられた。ブルームバーグが調査したエコノミスト25人のうち14人が0.25ポイント利下げを予想していた。4人が0.5ポイント利下げ、7人は据え置きを見込んでいた。

  中銀は声明で、「景気回復ペースを加速させるための追加刺激策」だと利下げを説明。「インフレと国内成長の全体的な見通しの推移とその影響を引き続き点検する」とコメントした。

原題:Malaysia Cuts Key Rate to Record Low as Pandemic Risks Remain(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE