コンテンツにスキップする

VIXは依然として警告-記録的回復の米株と2分化

米国株は四半期ベースで1998年以来の好パフォーマンスを記録し、強欲が株価を新たに押し上げているが、ボラティリティー市場は依然、投資家の不安の広がりを反映している。こうした乖離(かいり)はウォール街の投機家にも難題を突き付ける。

  S&P500種株価指数は3月に付けた安値から40%も上昇したが、予想変動率を示すシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティー指数(VIX)は2月の水準の2倍程度に高止まりしている。

  株価の動きを予想して投資するシステマティック取引のトレーダーにとっては難しい局面だ。フラットだが高水準のVIX先物カーブは新型コロナウイルス流行に左右される経済の軌道や米大統領選、流動性不安などによるリスクを示す。一方、強気派は当局の刺激策を信じてVIXの警告を否定するだけの十分な理由があると考えている。

Implied volatility remains elevated even as stocks have rallied

  ソシエテ・ジェネラルのストラテジストらはリポートで、「株式と株式ボラティリティー市場は全く異なる方向を示唆している」と指摘。「この2分化はボラティリティー市場参加者にとって深刻な問題だ」とコメントした。

  その代表はオプションを売ることで株式ボラティリティーをショートするファンドだ。通常ならボラティリティーが株式相場上昇に追いつく形で低下すると見込んで現行水準で行動を起こすところだ。

  過去の例を見ると、株価が上昇するとトレーダーは先行きのブレが小さくなると予想してVIXは低下する傾向がある。しかし今回は、歴史的な株価反発にもかかわらず、不安は去っていない。

  代替投資マネジャー、コハロのママネジングプリンシパル、コルトン・ローダー氏は、現在の状況では「株式ボラティリティーの売りにも買いにも確信を持つのは難しい」と述べた。

Long and short bets on VIX futures are at or near multi-year lows

原題:
The VIX Is Still Flashing Warnings for Stock Bulls on a Rampage(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE