コンテンツにスキップする

アマゾンなどハイテク大手4社CEO、27日に議会証言-独禁法問題で

  • 4社のCEOは議員から厳しい追求を受ける公算が大きい
  • 下院反トラスト小委はテクノロジー業界の競争問題を調査

アマゾン・ドット・コムフェイスブックアルファベットアップルの4社の最高経営責任者(CEO)は今月27日、テクノロジー業界の競争問題を調査する米下院反トラスト小委員会の公聴会で証言する。下院司法委員会が6日に発表した。

  証言はバーチャル形式で行われる可能性があり、詳細については近日中に公表される予定だとしている。

  同小委は反トラスト法(独占禁止法)の執行を巡り改革を推し進めており、公聴会では4社のCEOが議員から厳しい追求を受ける公算が大きい。議会証言が初めてとなるアマゾンのジェフ・ベゾス氏にとっては特に厳しい場となりそうだ。

  ナドラー司法委員長とシシリン反トラスト小委員長は共同声明で、「当初から述べているように、彼らの証言は調査の完了に不可欠だ」と説明した。

関連記事

アップルなどハイテク大手4社CEO、競争問題巡り米下院で証言へ

アマゾンのベゾス氏、米下院委員会で証言へ-市場支配力巡り (1)

アマゾンは議会を欺いた可能性と米下院司法委員長-米紙報道受け

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE