コンテンツにスキップする

香港警察、国安法で令状なしの家宅捜索可能に-SCMP紙

  • インターネット企業にコンテンツ削除などを命じることもできる
  • 「国家安全維持委員会」の初会合で7つの新規定が決まった
Sticky notes with messages supporting the pro-democracy movement are posted on a Lennon Wall outside of a restaurant in Causeway Bay district in Hong Kong, China, on Thursday, July 2, 2020. 

Sticky notes with messages supporting the pro-democracy movement are posted on a Lennon Wall outside of a restaurant in Causeway Bay district in Hong Kong, China, on Thursday, July 2, 2020. 

Photographer: Ivan Abreu/Bloomberg
Sticky notes with messages supporting the pro-democracy movement are posted on a Lennon Wall outside of a restaurant in Causeway Bay district in Hong Kong, China, on Thursday, July 2, 2020. 
Photographer: Ivan Abreu/Bloomberg

香港で施行された香港国家安全維持法(国安法)が付与する新たな権限の下で、警察は令状なしに家宅捜索したり、インターネット企業にコンテンツ削除などを命じたりすることができ、香港外の政治団体からの情報を要求することも可能になると香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(SCMP)が報じた

  6日公表された法執行当局向けの7つの新規定によれば、違反すれば罰金10万香港ドル(約139万円)と最長2年の禁錮刑が科せられるとも伝えた。林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官が主席を務める「国家安全維持委員会」の初会合で新規定が決まったという。

原題:Hong Kong Police Have Sweeping Power Under Security Law: SCMP(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE