コンテンツにスキップする

中国がカナダを非難、香港との犯罪人引き渡し条約停止巡り

  • 国際法の「深刻な違反」で、国内問題への「甚だしい干渉」だと中国
  • 「全ての結果はカナダ政府が負うことになる」と外務省の趙報道官

中国は6日、カナダが香港との間で結んでいた犯罪人引き渡し条約を停止したことを巡り、国際法の「深刻な違反」であり、国内問題への「甚だしい干渉」だと非難した。

  中国外務省の趙立堅報道官は北京での定例記者会見で、「二国間関係へのさらなるダメージを防ぐため、間違いを正し、香港問題と中国の内政への干渉をやめるようカナダ側に求める」と説明。香港への引き渡し条約停止や最新の渡航勧告といったカナダの新たな措置に関する質問に応じて語った。

  同報道官は「中国はさらなる行動を取る権利を留保する」として、 「全ての結果はカナダ政府が負うことになるだろう」と述べた。

  この会見の直後、カナダの中国大使館は同国を旅行中の国民に対し、「現地の法執行機関による頻繁な暴力行使」と同国での抗議活動を理由に、注意を喚起するよう勧告した。 大使館の公式「微信(ウィーチャット)」アカウントを通じ明らかにした。

  カナダのトルドー首相は先週、犯罪人引き渡し条約停止などの措置を発表。中国が「香港国家安全維持法」を施行して以来、香港との法執行関係を断つ最初の国となった。香港の大規模な外国人コミュニティーには、約30万人のカナダ人が含まれている。

カナダ、香港との犯罪人引き渡し条約を停止-国家安全法の施行受け

原題:
China Urges Canada to Correct Mistake on Extradition Treaty (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE