コンテンツにスキップする

北朝鮮は米と協議するつもりない、仲介目指す韓国を批判-外務省談話

  • 米朝の仲介役になろうとする韓国の「未練の強さは哀れ」
  • 朝鮮中央通信がクォン・ジョングン米国担当局長の談話を伝える

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

北朝鮮外務省は7日、「われわれは米国と向かい合って座るつもりはない」とするクォン・ジョングン米国担当局長の談話を発表した。国営朝鮮中央通信(KCNA)が伝えた。

  クォン局長は米朝関係が「ますます複雑化」する中で、韓国の「仲介役になろうとする未練がここまで強い」のは「哀れだ」とした。

  同局長は「朝米首脳会談を仲介するための努力は変わらないとする無意味な声が南から絶え間なく聞こえてくる」と指摘した上で、先の崔善姫(チェ・ソンヒ)第1外務次官の談話を韓国が「もう少し譲歩しろとの要求」だと捉えていることは我田引水的な解釈だと批判した。

関連記事

韓国新安保チーム、非核化で米朝の「小さな取引」促す方針-東亜日報

米国務省の北朝鮮担当特別代表、日韓両国を訪問へ-聯合

米朝首脳会談に否定的、米と向き合う必要感じない-北朝鮮高官

韓国、安全保障チームの人事を刷新-北朝鮮問題のベテラン起用

原題:
North Korea Says It Has No Intentions to Talk With U.S.: KCNA(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE