コンテンツにスキップする

米ベクトンのコロナ検査端末、FDAが緊急使用許可-15分で結果判明

米医療機器メーカーのベクトン・ディッキンソンが開発し、15分で結果がわかる小型の新型コロナウイルス検査端末に、米食品医薬品局(FDA)が緊急使用許可(EUA)を付与した。

relates to 米ベクトンのコロナ検査端末、FDAが緊急使用許可-15分で結果判明

ベクトン・ディッキンソンのCOVID19検査端末

ベクトン・ディッキンソン

  同社は6日の発表文で、「BDベリター・プラス・システム」は携帯電話並みのコンパクトサイズで、結果判明が早く低コストの検査オプションを幅広い医療機関にもたらすコロナ抗原検査の一つだと説明した。今年5月には米クイデルの製品がコロナ抗原検査として初めて、米国内での使用許可を取得している。

  6日の米株式市場でベクトンの株価は3.6%上昇した。

  BDベリター・プラスの製造はすでに始まっており、間もなく出荷開始となる。9月末までに1000万台を生産する計画で、週200万台の生産ペースを目指す。平均販売価格は250-300ドル(約2万7000-3万2000円)と他の検査機器より安く、1回の検査費用は20ドル程度だと、ベクトンのトム・ポレン最高経営責任者(CEO)は語った。

原題:Becton Dickinson Wins Approval of Fast, Hand-Held Covid Test (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE