コンテンツにスキップする

「荒野の用心棒」作曲家モリコーネ氏が死去-数々の映画音楽残す

  • マカロニウエスタンの名匠セルジオ・レオーネ監督は小学校の同級生
  • 2007年の米アカデミー賞名誉賞に続き、16年には作曲賞も受賞

1日を始める前に押さえておきたい世界のニュースを毎朝お届け。ブルームバーグのニュースレターへの登録はこちら

イタリアの作曲家で、数々の映画音楽で知られるエンニオ・モリコーネ氏が5日夜、死去した。91歳だった。イタリア製西部劇、いわゆるマカロニウエスタンを多く手掛けたセルジオ・レオーネ監督の作品に楽曲を提供し世界的な名声を得た。

  モリコーネ氏は合併症のためローマの病院で亡くなったとANSA通信が同氏一家の弁護士らを引用して報じた。イタリアのコンテ首相は「音楽と映画の歴史に残り続ける忘れられない楽曲で私たちに夢を見させ、感じさせ、考えさせてくれた」とフェイスブックに投稿し、モリコーネ氏を追悼した。

ITALY-MUSIC-PORTRAIT

エンニオ・モリコーネ氏(2017年)

写真家:Tiziana Fabi / AFP via Getty Images

  モリコーネ氏は1960年代、レオーネ監督の「荒野の用心棒」「続・夕陽のガンマン」「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト」などで音楽を担当。米アカデミー賞に幾度もノミネートされ、2007年には名誉賞を得ていたが、16年にはクエンティン・タランティーノ監督の「ヘイトフル・エイト」で作曲賞を受賞した。「アンタッチャブル」でグラミー賞にも輝いた。

ITALY-US-CINEMA

タランティーノ監督とモリコーネ氏(右、2016年)

Italian composer Ennio Morricone conduct

ミラノ大聖堂広場でのクリスマスコンサートで指揮をするモリコーネ氏(2006年)

  モリコーネ氏とローマの小学校で同級生だったレオーネ監督は、1989年に60歳で死去している。

原題:Ennio Morricone, Composer of Film Scores, Dies at 91 (CORRECT)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE