コンテンツにスキップする

中国河北省で大口資金移動に事前報告義務-銀行取り付け騒ぎ後

  • 人民銀が2年間の試験的プログラムを今月開始
  • 10月には浙江省と広東省深圳市にも拡大される

中国人民銀行(中央銀行)が今月、河北省で銀行の個人・法人顧客に大口の資金引き出しと預け入れを事前に報告するよう義務付ける試験的プログラムを始めた。

  人民銀の声明によれば、期間2年のこのプログラムは10月には浙江省と広東省深圳市にも拡大される。当局は先月、河北省など地元銀行2行で起きた取り付け騒ぎに介入している。

  人民銀は「多額の現金に対する法外な要求」の監視を強め、システミックリスクを抑えるのが狙いだとしている。企業は50万元(約765万円)を上回る取引が事前報告の対象となる。個人は10万ー30万元からと、地域ごとに異なる。

  新型コロナウイルスの感染拡大で経済は大きな打撃を被り、不良債権が増大。金融システムの状況を巡る懸念があらためて浮き彫りとなっている。

原題:China Imposes Checks on Large Transactions After Bank Runs(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE