コンテンツにスキップする

北海ブレント先物、一時43ドル台に上昇-供給引き締まりの兆し受け

アジア時間6日朝の取引で、北海原油代表油種のブレント先物相場は、一時1バレル=43ドル台に上昇した。

  米国の6月の非農業部門雇用者数が480万人増加し、5月の数字も上向き改定されたことが好感されたほか、米原油在庫の予想を上回る減少が伝えられたことや石油輸出国機構(OPEC)産油国の6月の原油輸出減で供給引き締まりが示唆された。

  ICEフューチャーズ・ヨーロッパの北海ブレント先物9月限はシドニー時間午前8時54分(日本時間同7時54分)時点で0.6%高の43.06ドルで取引された。

原題:Brent Oil Advances as Upbeat Economic Data Offsets Surging Cases(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE