コンテンツにスキップする
cojp

エールフランス、7500人余り削減へ-コロナで需要落ち込む

  • 地域航空会社を含むフランス部門全従業員の約17%に相当
  • 活動は2024年まで昨年と同水準には戻らないと見込む
relates to エールフランス、7500人余り削減へ-コロナで需要落ち込む

欧州の航空企業連合エールフランスKLMは3日、フランス部門で7500人余り削減する計画を発表した。新型コロナウイルス感染拡大による航空需要の落ち込みに対応する。

  発表資料によると、人員削減は中核のエールフランスで6560人、地域航空会社「HOP(オップ)!」で1020人と、向こう3年間で実施する。

  人員削減はこれら部門の全従業員の約17%に相当する。引退や自主退職などの自然減が約半分を占める見込み。同社は、昨年と同水準まで活動を回復させるには2024年までかかるとの見通しを示した。

関連記事

エールフランスKLM、オランダ政府から4100億円支援確保 (1)

世界の航空業界、米でのコロナ感染再拡大が回復脅かす-IATA

原題:Air France to Cut 7,500 Jobs With Recovery Seen Years Away (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE