コンテンツにスキップする

コメルツ銀、週内にも新たな経営トップ指名か-株主の反乱収束に向け

  • 法人顧客部門の責任者ブークハウト氏が新CEOの最有力候補
  • 新会長を決めた後、CEO探しの正式プロセスを-サーベラス

ドイツのコメルツ銀行は週内にも新たな経営トップを指名し、権力の空白を埋め始めようとしている。同行の最高経営陣を辞任に追い込み、業績改善に向けた取り組みを頓挫させた株主の反乱を終わらせるためだ。

  事情に詳しい複数の関係者が部外秘だとして匿名で語ったところでは、辞任するマルティン・ツィールケ最高経営責任者(CEO)の後任を巡り、法人顧客部門の責任者ローラント・ブークハウト氏が行内の最有力候補として浮上。関係者によれば、ベティナ・オルロップ最高財務責任者(CFO)も候補に挙がっている。

  同行の監査役会はできるだけ早期に明確にすることを目指し、8日にも空席ポストの補充について決定する可能性があるという。一方、採決延期を選び、さらなる外部候補を模索することもあり得ると事情に詳しい関係者1人が述べた。  

Banks In Transition Conference

ローラント・ブークハウト氏

フォトグラファー:Martin Leissl / Bloomberg

  ツィールケCEOとシュテファン・シュミットマン会長を辞任に追い込んだサーベラス・キャピタル・マネジメントを含む大株主から、ブークハウト氏はおおむね有力候補と見なされている。ただ、サーベラスは5日、新会長を先に決めた後、CEO探しの正式プロセスを始めるようコメルツ銀に求めた。

  コメルツ銀の広報担当はコメントを控えている。

コメルツ銀行、会長とCEOが辞任へ-サーベラスなど株主が反乱

原題:
Commerzbank Aims to Fill Power Vacuum in Crucial Week (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE