コンテンツにスキップする

リビア原油輸出、7月120万バレルにとどまる見通し-前月比30%余り減

石油輸出国機構(OPEC)加盟国リビアの7月の原油輸出は6月を30%余り下回る120万バレルにとどまる見通しだ。反政府軍事組織が、リビアの大部分の港からの輸出を引き続き妨害している。

  ブルームバーグが確認した初期の積み付けプランによれば、7月は2つのターミナルから1カーゴ(60万バレル)ずつの輸出が予定されている。6月は180万バレルが輸出された。

  アフリカ最大の原油埋蔵量を誇るリビアでは、軍事組織「リビア国民軍」のハフタル司令官に忠誠を誓うグループの武力攻勢などの影響で、多くの油田と港からの原油供給が停止。産油量は昨年の日量120万バレルから同約11万バレルに急減している。

Libya's oil production has plummeted this year

原題:Libya’s Oil Exports Set to Drop This Month as Blockade Continues(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE