コンテンツにスキップする

新型コロナ、経済政策を恒久的に変えた-ECBビルロワドガロー氏

欧州中央銀行(ECB)の政策委員会メンバーであるフランス銀行(中銀)のビルロワドガロー総裁は5日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が欧州の経済政策を恒久的に変えたと述べた。以前より広範な金融手段が固定化され、強力な共同財政計画を余儀なくされたとしている。

  同総裁は、マイナス金利や量的緩和、長期の銀行向け融資など、世界的金融危機とユーロ圏債務危機の後に導入されたECBの異例の措置は今後も継続するとの見方を示した。

  この日のウェビナーで総裁は「われわれが例外的な暫定手段として提示したものが今後も長続きするというのが最初の教訓だ」と指摘。 「非従来型が準従来型となり、それが現在の危機でわれわれを助けている」と述べた。

Loading Up

Central banks bought even more bonds as a result of the Covid-19 crisis

Source: Bank for International Settlements

参考記事
ラガルドECB総裁、ユーロ圏の物価下押し圧力は2年続くと予想
ECBの緊急債券購入プログラム、内部で意見対立が進行-関係者
新型コロナの中期的影響、明らかにディスインフレ-ECBレーン氏

原題:ECB’s Villeroy Says Pandemic Forces Permanent Policy Changes (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE