コンテンツにスキップする

通信衛星ベンチャーの買収入札、英政府とインド実業家ミタル氏が勝利

  • インドのブハルティと英政府がそれぞれ5億ドルをコミット
  • ソフトバンクGなどが出資するワンウェブは3月に経営破綻

経営破綻した通信衛星ベンチャー、ワンウェブの買収入札に英政府とインド通信業界の有力実業家スニル・ミタル氏が勝利した。

  3日の発表資料によると、ミタル氏率いる複合企業ブハルティ・エンタープライゼズの傘下部門と英政府はそれぞれ約5億ドル(約540億円)をコミットする。年内の手続き完了を見込んでいる。事情に詳しい関係者1人によると、ブハルティと英政府がワンウェブの株式をそれぞれ45%取得し、既存の株主が残り10%を保持する。

  ワンウェブはソフトバンクグループやエアバス、クアルコムを含む株主からエクイティーとデットファイナンスを通じて約33億ドルを調達したが、3月に米連邦破産法11条に基づく会社更生手続きを申請した。

  英政府の担当者にコメントを求めたが返答はない。ブハルティの広報担当者からも通常の営業時間外にコメントは得られなかった。

関連記事

ソフバンクとムバダラ、英政府のワンウェブ買収支援で協議-スカイ

インド有力実業家、ソフトバンクG出資のワンウェブに買収案-関係者

ソフトバンクG出資のワンウェブ、連邦破産法11条の適用申請

原題:
U.K. Buys Into Musk Rival OneWeb In Post-Brexit Space Push (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE