コンテンツにスキップする

東京都知事選で小池氏が再選、コロナや五輪で安倍首相と連携確認

更新日時
  • オンライン選挙で366万票の圧勝、4選挙区の都議補選は自民が全勝
  • 東京版CDCを創設、東京五輪は来年実施できるよう感染防止進める

任期満了に伴う東京都知事選が5日行われ、小池百合子知事が再選を果たした。小池氏の得票は366万1371票に達し、次点の候補者に約280万票の大差をつけ圧勝した。同時に4選挙区で行われた都議会議員の補欠選挙は自民党が全勝した。

  6日朝、都庁に姿を見せた小池氏は、自身の得票について「望外の支援、よりしっかり働けとの都民の声だ」と語った。その後、安倍晋三首相と面会し、新型コロナウイルス対策や東京五輪などについて、国との連携を改めて確認した。

  小池氏は終了後、コロナ対策に関し、今後、海外との往来が徐々に再開する中で、確実な水際対策を講じるよう要請したことを記者団に明らかにした。緊急事態宣言の再発令については触れていないという。東京五輪の話題に加え、「より東京を成長させるという意味で、経済金融などの意見交換をした」とも語った。

  新型コロナウイルス対策や来年に延期された東京五輪・パラリンピックの開催の是非などが争点となった今回の選挙には、過去最多の22人が立候補したが、女性は小池氏も含めて3人だった。小池氏は首都初の女性知事として2期目を迎えるが、全国47都道府県の女性知事は小池氏と山形県の吉村美栄子知事の2人。

JAPAN-POLITICS-VOTE

小池百合子氏(左、5日)

 小池氏は5日夜、都内で新規感染者が再び増加する中、「喫緊の課題は新型コロナ対策だ」とした上で、「第2波に備える意味で非常に重要な時期だ」との認識を示した。

  コロナ対応については、検査・医療体制を強化するための、今回の知事選で公約した東京版CDC(疾病対策センター)を創設すると明言。事業者への休業要請に関しては、全体への要請ではなく、感染者の多い地域や業種に応じて「効果的な方法を進めたい」とした。政府が緊急事態宣言を東京や国全体に発令する形は「もう取りにくいのではないか」との認識を示した。

  東京五輪に関しては、来年実施できるよう「コロナ対策をしっかり進めたい」とした上で、大会の簡素化など、「国民が納得いく形で進める必要がある」と語った。

  6日午後の記者会見では、東京版CDCによって国内外の医療・研究機関と連携し、組織力を強化して感染拡大時に備えると説明。「できるだけ速やかに進めたい」として、早期設置に向けた検討を開始すると述べた。

会見での小池知事のその他の発言
  • 地域の保健所、区市町村と連携して新型コロナ感染防止策講じる
  • 補正予算案を編成し、今週中に公表へ
  • 都の構造改革推進チームを設置
  • 国際金融都市・東京を再確立していきたい
  • 必要な財政措置は果敢に進めたい-財政運営
  • 適切に考えていきたい-都債発行

  小池氏は政党からの推薦を受けず選挙戦に臨んだが、独自候補擁立を断念した自民党と公明党が実質的に支援。元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏、れいわ新選組代表の山本太郎氏、元熊本県副知事の小野泰輔氏ら21人を破った。

  期間中、小池氏は公務優先と密集・密閉・密接の「三密」回避のため、SNS(会員制交流サイト)などでの発信を中心とした「オンライン選挙」を展開。街頭演説や商店街などで歩きながら支持を訴える「練り歩き」などの活動は行わなかったが、報道各社の情勢調査では、他候補を引き離して終始優勢を保った。

  投票率は55.0%で、16年の前回選挙の59.73%を下回った。都内各地の投票所では、消毒液の設置や記載台の間隔を広げるなどの感染症対策が取られた。

  新型コロナウイルスの都内の新規感染者数は、6月下旬に連日50人以上が確認されるなど増加傾向にあったが、7月2日に107人と2カ月ぶりに100人を超えた。さらに3日には124人、4日には131人の感染が判明。小池知事は4日、不要不急の他府県への移動は控えるようツイッターなどで呼び掛けた。5日の感染者は111人だった。

都知事として務め

  防衛相や環境相を歴任した小池氏は、16年の都知事選で初当選。17年の都議会議員選挙では、自らが率いる地域政党「都民ファーストの会」が圧勝し、改選前に第1党だった自民党を抑えて最大会派となった。同年の衆院選に「希望の党」を結党して挑んだが、民進党の一部合流を拒否した「排除の論理」で支持が離れ、失速した。

  5日夜のNHKの特番に出演した小池知事は自らの転身も含めた国政との関わりについて問われたが、「この4年間は死活的に重要」として、東京五輪やコロナ対策などに「しっかり都知事として務めていきたいと考えている」と述べるにとどめた。テレビ東京の番組でも任期を全うするのかとの質問に「自分自身の健康をしっかりと守っていきたい」と述べ、明確な回答を避けた。

(記者会見での小池氏のコメントを追加して更新しました)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE