コンテンツにスキップする
cojp

東京都知事選きょう投開票、コロナ対策で小池都政に審判

  • 過去最多の22人が立候補、東京五輪の開催是非も争点に
  • 候補者討論会も感染症対策でオンラインでの開催中心

任期満了に伴う東京都知事選が5日、投開票される。都内で新型コロナウイルスの感染者が再び増加する中、再選を目指す小池百合子知事が都民の審判を受ける。

  都知事選には、小池氏のほか、れいわ新選組代表の山本太郎氏、元日本弁護士連合会会長の宇都宮健児氏、元熊本県副知事の小野泰輔氏、NHKから国民を守る党党首の立花孝志氏ら、合わせて過去最多の22人が立候補している。

  新型コロナウイルスの新規感染者数は、知事選告示後の6月下旬に連日50人以上が確認されるなど増加傾向にあったが、7月2日に107人と2カ月ぶりに100人を超えた。さらに3日には124人、4日には131人の感染が判明。小池知事は4日、不要不急の他府県への移動は控えるようツイッターなどで呼び掛けた。

  選挙戦では小池知事の新型コロナ対策への取り組みの是非などが争点となった。延期となった東京五輪・パラリンピックに関しても、来年の開催を目指す小池氏に対し、さらなる延期や中止を求める候補者もいた。

  期間中、小池氏は公務優先と密集・密閉・密接の「三密」回避のため、街頭演説や商店街などで歩きながら支持を訴える「練り歩き」などの活動は行わなかった。候補者討論会も、感染症対策でオンラインでの開催が中心だった。 

  投票は原則午前7時から午後8時まで行われる。都内各地の投票所では、消毒液の設置や記載台の間隔を広げるなどの感染症対策が取られる。2016年の前回選挙の投票率は59.73%で、前々回の46.14%を13.59ポイント上回った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE