コンテンツにスキップする

ECBの緊急債券購入プログラム、内部で意見対立が進行-関係者

  • PEPPの方向性巡り意見不一致、今後表面化する可能性
  • フランスとドイツの中銀総裁を中心に意見二分、ECB総裁に試練も

欧州中央銀行(ECB)の新型コロナウイルス危機対策の柱である「パンデミック緊急購入プログラム(PEPP)」を巡り、政策委員会メンバーの意見の相違が目立ち始めている。ラガルド総裁の統率力が問われる初の大きな試練となる可能性がある。

  ECB政策委員会では、イタリアなど域内の経済が比較的弱い国の資産をPEPPでどれだけの比重で購入を継続していくかについて、激しい議論に発展する恐れがある。複数のECB当局者の話で明らかになった。

  現段階で議論は仮定の話にとどまっているが、今後、経済が新型コロナ危機から回復するにつれて、この意見対立が表面化する可能性がある。欧州で新型コロナの感染拡大が最悪期を迎えていた時期に発表されたPEPPは、ユーロを守るECBの断固たる決意を示し、投資家に安心感を与えた。政策委員会内の不一致は、PEPPに傷を付ける恐れがある。

  内部事情を話しているとして当局者は匿名を条件に話した。ECBの報道官はコメントを避けた。

  ラガルド総裁は3月中旬、PEPP導入発表後にツイッターで非常時には特別な対応が必要だとした上で、「われわれのユーロへのコミットメントに限界はない」と強調した。

  これに対し、ユーロ圏2大経済国であるドイツとフランスの中銀総裁をそれぞれの軸に意見は二分している。この他の政策当局者もどちらかの意見に寄っているという。

  ドイツ連邦銀行ワイトマン総裁は、際限がなければ逆効果になる恐れがあるとして、PEPPに限度を設けたいと考えているが、一方のフランス銀行のビルロワドガロー総裁は、最も必要な国に支援が行き渡るよう最大限の柔軟性を主張している。

原題:ECB Split Is Brewing on Pandemic Program That Calmed Crisis(抜粋)

  

  

  

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE