コンテンツにスキップする

金正恩氏、ウイルス対応で当局者叱責-油断が致命的な危機招くと警告

  • 写真付きで金委員長の動静が伝えられたのは約1カ月ぶり
  • 北朝鮮はコロナ感染を1件も確認していないが、既に拡大との見方も

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長は2日、党中央委員会政治局拡大会議に出席し、新型コロナウイルスへの対応を巡り一部の責任者を叱責した。金委員長が公の場に姿を見せたことが写真付きで伝えられたのは約1カ月ぶり。感染を避けるため自己隔離しているのではないかとの観測があった。

  国営朝鮮中央通信(KCNA)が3日に伝えたところによれば、金委員長はウイルス流入阻止で「誇らしい成果」を上げたと指摘する一方、当局者の間で広がっている油断と傍観の態度を「厳しく批判」。「防疫措置の生半可な緩和は想像することも挽回することもできない致命的な危機を招くと繰り返し警告した」という。

NKOREA-HEALTH-VIRUS

平壌の病院で廊下を消毒する作業員

フォトグラファー:Kim Won Jin / AFP via Getty Images

  国営メディアは金委員長が党旗を背景に多くの当局者の前で話している写真を掲載した。北朝鮮専門のNKニュースによれば、金委員長の動静が写真付きで伝えられたのは6月8日以来。それによると、今年4-6月に金委員長が姿を見せたのは計7回。2011年末に就任して以来、昨年までの4-6月の平均は46回だった。

  金委員長は今回、最近の南北関係の緊張には言及しなかった。

  北朝鮮は新型コロナ感染をまだ1件も確認していないが、在韓米軍のエイブラムズ司令官は、軍事活動の著しい低下から北朝鮮でも感染が起きているのは「ほぼ間違いない」と分析。河野太郎防衛相も先月の記者会見で、北朝鮮でコロナ感染が拡大し金委員長が感染を避けようとしている可能性があると指摘した。

関連記事

原題:North Korea Says Halted Virus Spread; Warns Against Complacency; Kim Jong Un Scolds North Korea Cadres for Complacency on Virus(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE