コンテンツにスキップする

バイデン氏、「祝うべき勝利ない」-雇用統計後のトランプ氏いさめる

  • 米国はまだ「深い、深い穴」の中にあると自宅からライブ配信で発言
  • 「1500万人近くがなお失業状態にある時に勝利宣言するのをやめよ」

11月の米大統領選で民主党候補指名を確実にしているバイデン前米副大統領は2日、新型コロナウイルスの感染拡大は終息から程遠く、改善が見られた6月の雇用統計も、公衆衛生上の危機をカバーできるような内容ではないと主張した。 

  バイデン氏はデラウェア州にある自宅からのライブ配信で「祝うべき勝利はない」と強調した。

  トランプ大統領はこの日、6月の非農業部門雇用者数が市場予想を上回る480万人増加となったのは米経済が「強力に盛り返している」状況を示すと胸を張った。ただ失業率は11.1%と高止まりしており、新型コロナの感染者数も一部の州で急増している。

  バイデン氏は人々の職場復帰を喜ぶ一方で、米国はまだ「深い、深い穴」の中にあると語り、トランプ大統領の論調を抑えようとした。「いまだに雇用が1500万人近く減っており、感染拡大は良くなるのではなく悪化しつつある」と訴えた。

  さらに「今回の危機で1500万人近くがなお失業状態にある時に勝利宣言するのをやめよ」と述べた上で、「今回の感染拡大の現実と米市民の命が恐ろしいほど失われている状況を無視することもやめるべきだ」と強調した。

原題:
Biden Scorns Trump for Hailing Economy With 11.1% Jobless Rate(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE